駅前広場へデッキ直結(予定)、徒歩1分でポートライナー「南公園」駅へ。同駅から「三宮」駅へダイレクト14分。朝のラッシュ時、7・8時台は1時間に10本も運行しています。
エントランスから「三宮」駅へ15分。中央区アドレスで、まさに三宮生活圏。日々のお買い物を三宮で済ませるのも快適です。
神戸市が未来を託したポートアイランド。博覧会「ポートピア’81」を継いだ遊園地「ポートピアランド」の跡地が、本件の舞台。この地が育んだ夢と笑顔を継承して誕生します。
まちびらきを飾った博覧会「ポートピア'81」の夢は、いま「神戸医療産業都市」として結実。研究施設のあるエリアは国が重要拠点に指定。先進と安心の地に本件は位置します。
目の前には甲子園球場の約2.5倍にも及ぶ約9.8haの「南公園」。パークビューを享受できるワイドバルコニーを採用。緑と開放感を日々の暮らしで満喫できます。
兵庫県初の公立の小中一貫校「神戸市立義務教育学校港島学園」が指定校。市内有数のキャンパスタウンでもあります。ポートアイランド夏祭りなどコミュニティ活動も盛んです。

航空写真(平成28年7月撮影)

神戸市が未来を託し続ける地に。

「山、海へ行く」を合言葉に、神戸市が築いた世界最大(当時)の人工島ポートアイランド。

以来35年、博覧会「ポートピア’81」や遊園地「ポートピアランド」が示した夢や憧れの世界は、

「神戸空港」開港、「神戸医療産業都市」の指定、兵庫県初の公立の小中一貫校開校など、

神戸市の最先端を担う地として受け継がれ、進化を続けてきました。

ゆめみなとCITY──「クレヴィア神戸ポートアイランド」──は、この進化のみなとに誕生します。

image photo

産学官連携の「神戸医療産業都市」の舞台。

政府が、日本経済の新成長戦略として謳っている「ライフイノベーション」。その拠点の一翼を担うべく、ポートアイランドで進められているのが「神戸医療産業都市」です。産学官連携により、21世紀の成長産業であるバイオやメディカル分野で、最先端の研究機関や企業、医療施設が集積。この分野で日本最大のクラスターとなっています。神戸市が未来を託して開発したポートアイランドは、今もその使命を受け継いでいます。

連携概念図

概念図

ゾーニング地図

イメージ図

先進的研究ゾーン、それは安心の証。

「神戸医療産業都市」の一環として、ポートアイランドにはスーパーコンピュータ「京」を擁する「理化学研究所」や「神戸市立医療センター中央市民病院」などの重要な施設が集積。それらの施設と本件を含むエリアは「神戸ポートアイランド西地域」として、国から「都市再生緊急整備地域」の指定を受け、都市機能の充実、耐震化などの防災機能の充実が推進されています。

神戸市立医療センター 中央市民病院

神戸市立医療センター 中央市民病院(徒歩7分/約490m)

image photo

「新・日本街路樹100景」に選出される、美しい街並み。

1994年、読売新聞社が創刊120年を記念し、街路樹の景観に優れた場所を厳選した「新・日本街路樹100景」に、ポートピア大通りが選出。また、「ポーアイしおさい公園」からの夜景が「神戸都心夜景10選」に。「ポートアイランド北公園」が「神戸らしい景観10選」に選ばれるなど、美しい街並みも魅力です。

image photo

まちびらきに「ポートピア'81」を開催、地方博の先駆けに。

ポートピア'81開催 (3月20日〜9月15日)

あの日、観覧車から見た風景を手に入れる。

ポートアイランド第二期埋立工事着工

神戸市の未来を担う進化の街へ。

※掲載の写真は平成28年10月に撮影したものにCG処理を加えたもので、実際とは多少異なる場合があります。予めご了承下さい。

※1981年の竣工時の総面積443haは当時の世界最大。